高尾山 日影沢(2).


昨日は日影沢から小仏城山に登る予定でしたが、妻の発熱で病院に付き合ったので、
登山は止めて日影沢の探索だけにしました。
日影沢入り口や、すこし入った所の駐車場は一杯で、キャンプ場へ大分入った所に駐車して、
キャンプ場と日影沢入り口間を歩いて往復することにしました。
沢の両岸にはニリンソウが咲き乱れ、タチツボスミレや、アオイスミレがあちこちに咲いていました。
先週初めて見たタカオスミレやエイザンスミレも、所々に咲いていました。

 
2013/4/6

ヤマネコノメソウ
駐車したすぐ脇に咲いていました。一見ネコノメソウではないかと思いましたがヤマネコノメソウでした。
今日、理郎先生からネコノメオウを見たというメールがありました。
左がヤマネコノメソウ、右が理郎先生から送られてきたネコノメソウです。
下方の葉がヤマネコノメソウでは互生、ネコノメソウでは対生なのが良くわかります。
   
ミミガタテンナンショウ/マムシグサ
何故こんな格好なんだと思いますね。
上段がミミガタテンナンショウで下段がマムシグサです。
良く似ているけれど、仏炎包の張り出し方が異なります。が、自信ないです。
ミミガタテンナンショウ 日影沢 2013/04/05
 
 
ミミガタテンナンショウ 日影沢 2013/04/05
左側とは異なる個体
 
マムシグサ 日影沢 2013/03/26
 
マムシグサ 日影沢 2013/04/05
左側とは同じ個体
  
   
タカオスミレ/マルバスミレ
先週、初めて咲いたばかりのタカオスミレをみました。この日は主に西向きの斜面の所々に咲いていました。
かっこ良くすっきりと咲いているている一株がありました。
それから少し上流にあるキャンプ場の入り口付近にかわいらしいマルバスミレが咲いていました。
 
タカオスミレ 日影沢 2013/04/05
 
マルバスミレ 日影沢 2013/04/05
 
   
ヨゴレネコノメソウ
ヨゴレネコノメソウも所々に咲いていました。
左は以前に初めて見たものです。右は別の個体ですが花が随分と成長していました。
これからもっと開くのでしょうか。
ヨゴレネコノメソウ 日影沢 2013/03/16
以前に初めて見たものです。
 
ヨゴレネコノメソウ 日影沢 2013/04/05
花が成長したものです。
 
   
シロバナエンレイソウ
キャンプ場の裏手を流れる沢を誘われるように渡ったら、すぐ其処に咲いていました。
かなり危険な毒草だそうです。
シロバナエンレイソウ 日影沢 2013/04/05
 
シロバナエンレイソウ 日影沢 2013/04/05
 
   
モミジイチゴ/クサイチゴ
沢を渡った所に枝が落ちていて花が着いていました。持ち上げて撮りました。
モミジイチゴでした。この花は先週も撮っていました。花は下を向いて咲いています。
イチゴといえばキャンプ場から戻る時にキャンプ場の入り口付近にクサイチゴが咲いているのを見ました。
モミジイチゴ 日影沢 2013/03/29
 
モミジイチゴ 日影沢 2013/04/05
 
クサイチゴ 日影沢 2013/04/5
 
クサイチゴ 日影沢 2013/04/5
 
   
エイザンスミレ
一見した時ヒゴスミレではと思いました。
ですが、葉が五裂しているようにも見えますが、不完全です。花びらの縁も波打っていました。
エイザンスミレ 日影沢 2013/04/5
 
エイザンスミレ 日影沢 2013/04/5
 
   
マルバスミレ
キャンプ場から小仏城山に向かう日影林道の入り口付近にもマルバスミレが咲いていました。
此処では花が淡いピンクのものがありました
 
マルバスミレ 日影沢 2013/04/05
 
マルバスミレ 日影沢 2013/04/05
 
マルバスミレ 日影沢 2013/04/05
 
マルバスミレ 日影沢 2013/04/05
 
   
アカフタチツボスミレ?
同じキャンプ場から小仏城山に向かう日影林道の入り口付近に咲いていました。
アオイスミレのようにも見えますが、右の写真の様に、若い葉の葉脈に沿って紅紫になっています。
 
アカフタチツボスミレ 日影沢 2013/04/05
 
 
アカフタチツボスミレ 日影沢 2013/04/05
 若い葉の葉脈に沿って紅紫になっています。
 
   
ヤマルリソウ
マルバスミレを見つけた沢の対岸にヤマルリソウが群生していました。
最初はタチツボスミレかと思っていました。
それにしてもこれだけ群生するのは珍しいと思い、沢を渡ってよく見たら、ヤマルリソウでした。
ヤマルリソウ 日影沢 2013/04/05
少し赤みが濃い花
 
ヤマルリソウ 日影沢 2013/04/05

 
 昨年団地内で見つけたキュウリグサと同じ
ムラサキ科の野草です。

左がそのキュウリグサ(2012/3/8)です。
葉っぱがほのかに胡瓜のにおいがします。
   
カキドウシ
日影沢は文字通り日影にあります。
その中でも比較的日当たりの良い所があり、そこでカキドウシに出会いました。
キランソウ(右の写真)によく似ています。同じシソ科の野草です。
 
カキドウシ 日影沢 2013/04/05
 
キランソウ 唐木田の道 2012/5/8
   
ヤブレガサ
十日前に見たヤブレガサが大分開いていました。右が十日前の状況です。
 
ヤブレガサ 日影沢 2013/04/05
 
ヤブレガサ 日影沢 2013/03/26
 
   
トウゴクサバノオ
この花の前を一度通っています。気づきませんでした。その時はニリンソウと思っていたのかもしれません。
車に戻るのに二度目に通った時、ニリンソウにしては花が小さいなと思って、よく見たらこの野草だったのです。
写真を撮っていたら、やまおばちゃん達が寄って来て「トゴクサバノオ」と教えてくれました。
おばちゃん達は良く御存じです。
 
トウゴクサバノオ 日影沢 2013/04/05
 
トウゴクサバノオ 日影沢 2013/04/05
 
   
ハナネコノメソウ
3週間前に来た時には可憐な花を咲かせていたハナネコノメソウはこんな姿になっていました。
ハナネコノメソウ 日影沢 2013/04/05

 
ハナネコノメソウ 日影沢 2013/03/16
3週間前に来た時には可憐な花を咲かせていた。
 
   
マルバコンロンソウ
3週間前に出会ったユリワサビと思っていました。調べたらマルバコンロンソウでした。
そういえば、やまおばちゃん達がユリワサビを見て「コンロンソウではないよね」などと話していたのを思い出しました。
 
マルバコンロンソウ 日影沢 2013/04/05
 
ユリワサビ 日影沢 2013/03/16
 
 
最後に立ち寄った沢に、
アブラチャンとおぼしき花が落ちていました。
上を見上げたのですがそれらしき木には
気づきませんでした。

この日は、高々500メートルの沢づたいに
2時間半ほどいたことになります。
これから花を咲そうとする野草たちも結構居て、
この沢の魅力は尽きません。



   

陣野草に戻る