富田作 能面

神功皇后    孫次郎
世阿弥作能「箱崎」は、筥崎宮を舞台に神功皇后が神霊として現れ、筥崎宮のいわれを語り、華やかな天女の舞を舞います。(面は、若女、増女の部類です) 金剛流の孫次郎は同座の太夫、右京久次が、亡き妻の面影を写したという伝説をもっています。通常の女面より面長で、面厚が薄いつくりです。

武悪
ボウボウ眉や切り顎に特徴があります。面そのものに神性をおび祝祷の舞に用いられます。 狂言面です。閻魔用の面であり鬼武悪、閻魔武悪、作り武悪の三種に分けられます。