講演会・総会のご報告

      平成23年度
    八王子支部講演会及び総会報告

 蔵前工業会八王子支部では、社会的事業の一環として、同窓生だけを対象とするのではなく、八王子商工会議所のご協力を得て、一般の方にも開かれた講演会を開催している。
 平成23年6月11日に、八王子エルシーの一室を会場に「グローバル世界の中の日本」と題して、東京工業大学教授の 橋爪大三郎 先生のお話を伺った。
 グローバル企業にとって当地の宗教的背景を疎かにできないことは言うまでもないが、とかく日本人はこの面に関して疎いのである。
 橋爪先生には以前、支部講演会で「中国がアメリカを追い抜くとき」と題して、中国の躍進と彼の国の文化的、宗教的背景を伺っている。
今回も前回同様非常に分かりやすく話していただいた。キリスト教、イスラム教そして儒教が何処までが似ていて、どこからが違うのか。その理解の入り口まで導いて頂いた気がする。

 講演会終了後、別室で八王子支部の総会が行われた。
 総会では、蔵前工業会から坪田理事がお見えになり、来年度から一般財団法人に移行すること、クラリカが評価され活動が活発化していることなど工業会の現況についてご報告頂いた。
引き続き当支部の昨年度の活動報告・決算及び本年度予算が審議され、了承された。
また、工業会の新法人化に伴う全国各支部の代議員選挙が実施され、八王子支部では小野さんが選出されたことが支部選挙管理委員から報告された。

 懇親会に移ると、和気藹々の雰囲気の中会員の近況法が報告された。
平成5年卒のS君。最近、山梨県の某神社の宮司となり、早速本殿などの保存修理を行うということで奉賛の依頼があった。これには先輩として応じなければなるまい。
 向岳寮最後の住人と称するH君他二名の新たな参加があった。継続して参加してくれることを期待したい。
                             (幹事、陣野孝光(42年応物)文責